住宅ローンの賢い選び方とは?

住宅ローンをこれから借りようと検討されている方は、どのように住宅ローンを検討されていますか?
住宅ローンは、かなりまとまった額の融資ですし、返済期間も30年前後と長くなりますから、最終的な返済額がとても大きくなることもありますので、借りる前にきちんと検討されることをお勧めします。
検討方法はいろいろあると思いますが、私が住宅ローンを借りるにあたって、結構うまく検討できたな。
と思うこともありますので、みなさまのご参考として、こちらで説明させていただきますね。
さて、私が住宅ローンを借りる際に行った検討方法ですが、以下のとおりです。
1.社内融資のような、特別な金利を適用してくれる融資は身近にあるか?
2.社外の融資の場合、どの金融機関の住宅ローンが評判が良いか?
3.繰り上げ返済の自由度と手数料はどれくらいなのか?
4.融資額は希望額を融資してもらえそうか?
5.住宅ローン以外にどのような費用がかかるのか?団体信用生命保険や融資の事務手数料はどれくらいかかるのか?
6.リフォームローン金利はどれくらい必要なのか?
これらすべてについて、情報を集めて、自分たちの希望する条件にできるだけ添うものを選ぶようにしました。
特に私たちがこだわったのは、繰上げ返済の自由度と手数料でした。
共働きで収入がある程度安定しているうちに、住宅ローンの繰上げ返済をどんどんしたいと思っていたからです。
特に、繰上げ返済は、借りてから早いうちの方が、繰上げのメリットが出るので、1万円でも多く、こまめに繰り上げしたいという希望があったのです。
繰り上げ返済をすることによって、支払い総額が下がりますし、たくさん繰り上げれば、支払いの期間もだいぶ短くすることができるのです。
実際に、我が家では、繰上げ返済が自由にできるものを選ぶことができましたので、これから、支払い総額と支払い期間を下げるために、がんばって繰り上げ返済しようと思っています。
これは私たちが住宅ローンを選んだ際の具体的な比較検討方法です。
とはいえ、ライフスタイルがそれぞれ異なるように、住宅ローンの選び方にも価値観がそれぞれ異なると思いますので、まずは、ご家族でどのような住宅ローンを借りたいのか?よく検討されると良いと思います。
私が行った独自の比較をしなくとも、今は、住宅ローンの比較サイトもたくさんありますので、そのようなサイトを利用すれば、もっと簡単に賢く住宅ローンを選ぶことができると思います