住宅ローンを組むなら、ネットで調べよう

夢のマイホームが欲しい、そう思うようになると、想像は膨らみます。
自分の家の庭をハーブガーデンのようにして、しかもテラスにはおしゃれな
テーブルと椅子。
そう、まるでどこかのお城のように、ファンタジックなようにしたいという人もいるでしょう。
さらに、カントリー風の家にして、庭でお茶会などをして優雅に楽しみたいという夢もあります。
ですが、そんな夢にも現実は伸しかかってくるのです。
そう、住まい選びもかなり時間はかかりますが、それとともない住宅ローンも
重く伸しかかってくるのです。
しかも、3年や5年やというものでなく、大概の人は長期ローンを組みます。
それだけ、家も大きな金額がかかるということです。
ゆえに、その金額をどうフォローしていくかです。
旦那の給料だけで計算してまかなえる人ならばいいですが、大概の主婦はパート勤務に出かけます。
でないと、生活も補えません。
ですから、住宅ローンを組む前に、あらかじめ何処の銀行で住宅ローンを組むのが得するかを考えて、賢い選び方をしましょう。
今、一番注目されているのが、新生銀行です。
住宅ローンを組むさいには保証会社に組む保証の手数料が無料です。
また、繰り上げ返済をしたいと考えたときには、返済手数料も無料なのです。
ここで面白いのが、繰り上げ返済をネットでなら1円からOKというところです。
また、2位は住信SBIネット銀行に3位はイオン銀行、4位が楽天銀行となっています。
いろいろと保証や手数料などの一覧がインターネットで調べると掲載されていますので、これを参考にして住宅ローンを組む銀行を選ぶといいでしょう。
そして、今はデフレが長期化していますので、組むとしたらまずは変動金利を選ぶといいでしょう。
ここ10年、日本では長期金利が2%を越えていません。
今後もデフレは長期化すると思われるので、金利変動を活用すると良いでしょう。
もし、激変に金利が上がった場合を考えて、固定金利への切り替えも簡単なところを選ぶといいでしょう。
そうすれば、思わぬコスト増しに見回れる危険を回避できます。
さらに、繰り上げ返済の柔軟性のあるところ、そう、手数料がかからないところが一番です。
そして、住宅ローンを組むのですから、銀行のサービスが充実しているところも要チェックです。
他の銀行への振込やコンビニのATM引き出しを利用した際にも、手数料がかからないサービスなどを選ぶといいでしょう。
少しでも、コストを低くすることが大事です。

参考サイト

フラット35つなぎ融資おすすめは?金利比較【楽天銀行どう?】

注文住宅を建築する場合のように、建物が完成するまでにかなり高額の支払いが必要で、つなぎ融資を受けざるを得ない状況もありますが、できれば自己資金の範囲内で事前の支払いが済むような資金計画にできれば、よけいな出費をおさえることができます。
xn--t8jhqxa6dwbd5s6663fs9la.com/  より引用